美容

ダメージ髪をケアしませんか?セルフケアのススメ

年齢とともに髪の毛のコシやツヤが無くなってしまいなすよね。

さらに紫外線で髪は思った以上にダメージを受けます。

髪も地肌も乾燥してパサつきや切れ毛の原因になります。

私も天然パーマという髪のコンプレックスがあり、髪の毛のケアは特に気になります。

髪のパサつきダメージの原因は?

髪のパサつきの原因は紫外線。

ほかにも摩擦、パーマ、ヘアカラー、ヘアアイロンなどさまざまです。

特に紫外線の時期はダメージは大きいもの。

海で1日遊ぶと、髪がパサパサごわごわ😢

なんて経験した方も多いのではないでしょうか?

髪の細胞が自ら活性化することはありません。

だからヘアケアをしないと髪は痛むばかりです。

正しいシャンプーのやり方とは?

①まずシャンプーの前にブラッシングをして絡みをほぐします。

 ほぐすことで泡立ちが良くなり、汚れが落ちやすくなります。

②とにかく3分シャワーで予洗いする。

 熱すぎないシャワーで地肌までよーく流します

 ササっとではだめです。とにかくよーく流す。

 目安は3分~5分。

 これで汚れの8割は落ちるといわれています。

シャンプーは頭皮をしっかり洗う

 シャンプーを手に取ったら、手で軽く泡立てます。

 頭で泡立てるのは摩擦なのでやめましょう。

 泡立てたシャンプーを髪全体になじませて

 マッサージするように指で頭皮をしっかり洗っていきます

 このとき強くこすらない様に気を付けてください。

おすすめシャンプーはこちらLa Casta(ラ・カスタ)

しかっり流す

 シャンプーが残ると毛穴のつまりの原因になり、

 肌にもよくありません。

 シャワーヘッドを地肌に沿わせて上から手でお湯を

 溜めるようなイメージで地肌までしっかり流しましょう。

トリートメントは毛先中心につける

 シャンプーの次はトリートメントです。

 適量をとったらてのひらに広げ、

 耳のあたりから毛先に向かいなじませ、そのあと根本に軽くつけます。

 毛先は上から下の毛先へ軽くにぎり下ろすと浸透しやすいです。

タオルドライドライヤー

 しかっり水気を切ったら目の粗いくしでとかします。

 ドライヤーは地肌から乾かします。

 30cmくらい離し、髪と髪の間の地肌に風をあてていきます。

 一点に温風が当たらないようまんべんなく風を送りましょう。

 注意するのは下から温風をあてるとキューティクルが逆立つので

 風は上から下に向かってあてしょう。

ヘアドライヤー厳選3機種!ヘアケアするならこれ

※キレイ髪へのひと手間。ドライヤー温冷をつかう

サラツヤ髪へのひと手間。

それは温冷、両方を髪に当てましょう。

9割ほど乾いたら、乾かすときと同様に上から毛先に向かい

冷風をあてながら髪を軽くブラッシングします。

冷風を送ることでスタイリングが決まるのと

髪のツヤと手触りや良くなります。柔らかい髪といいますか

冷風おススメです。 

まとめ

髪は体の一部なのでお肌同様、お手入れの方法次第で

キレイな髪を維持できます。

それでなくても、年齢とともに髪への栄養と潤いが

減少していくのです。

それを正しいケアで少しでも食い止め

いつまでも綺麗なれいな髪を維持出来たらと思います。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
shimako
しまこです。会社員です。最近は怒ることが無くなりました。怒ることって心が疲れるので止めました。受け入れたのか、諦めたのか?自分でもよくわからないけどストレス軽減できています。のんびりそれなりに楽しく生活しています。気になることがあったら書いています。